腱板炎

腱板炎

 

肩関節周囲筋の中で、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋は、肩関節付近で収束して、「腱板」を構成します。

周囲組織に圧迫されたり、摩擦されたりするために、変性性の変化が起こりやすく、腱炎として発症することがあります。