石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎


石灰沈着性腱板炎は、腱板内、特に棘上筋腱部における石灰沈着が滑液包に破れたときに発症すると言われています。


発症は急性で夜間に多く、激烈な自発痛、著明な疼痛性運動制限、大結節部の圧痛などがあります。

 

石灰沈着性腱板炎が疑われる場合、整形外科への受診をお勧めいたします。