肩関節の亜脱臼の治療

肩関節のずれ(亜脱臼)の治療

 

炎症がひいてきたら肩関節のずれ(亜脱臼)の治療を行います。

 

肩関節がずれていると関節を動かす時に違和感や痛み、場合によっては激痛を感じます。

 

この肩関節のずれ(亜脱臼)状態が分からない方が多く、ずれているまま無理に動かしたりして、よけいに悪化させる場合が結構あります。

 

レントゲンでは分かりませんし、かなり熟達した専門家でないと矯正もできません。

 

五十肩の前段階でもありますし、五十肩で拘縮とともにずれている場合も多いです。

 

拘縮していなければずれを矯正するだけで、痛みはなくなり、可動域も広がります。

 

拘縮がある場合は、動く範囲内での痛みはなくなり、動きもスムースになります。

 

肩の痛みの治療で、もっとも重要かつ難しいのが肩関節のずれ(亜脱臼)の治療と言っても過言ではありません。

 

当院では患者さまの負担を最小限に抑えながら最大の効果が得られるように施術をさせていただいています。


五十肩・肩の痛みのご相談・ご予約は

五十肩専門治療院

長生伊藤治療院

045−434−4976


 

 次項有 五十肩の治療

 次項有 肩関節のずれ(亜脱臼)の治療をご希望の方

 

 

五十肩と肩関節のずれ(亜脱臼)

 

五十肩の原因は肩関節のずれ(亜脱臼)? 

 

五十肩と言われると、何やら原因不明の痛みと運動制限(可動域制限)があり、放っておけばそのうち治ると思っていらっしゃるかも知れません。

 

しかし、実際はそう簡単にいくものではありません。

 

まず五十肩とは一体何なのか?というところを理解する必要があります。

 

五十肩とは50歳代に多い症状で、肩の痛みと運動制限があります。

  

ただし50歳代以外の人もなります。結構多いです。

 

このときの運動制限は肩関節の拘縮によるもので、第三者が手を貸しても変わりません。

 

このような症状を総称して五十肩あるいは年齢によっては四十肩などと表現します。

 

肩が痛くても、関節拘縮による運動制限がない場合は五十肩とは言えません。

 

ところが、実際の治療においては、五十肩であるかないかはあまり問題ではなく、その症状がどういうものか、何が原因かということが問題になります。

 

まずは、肩関節のずれ(亜脱臼)があるのかないのかが大きなポイントになります。

 

肩関節は非常に可動域が広いので、その分関節がずれやすい(亜脱臼しやすい)ということが言えます。

 

肩関節がずれると、違和感や痛み、ひどい時は激痛を生じます。

 

いわゆる五十肩状態になってしまっている場合でも、肩関節がずれてさらに拘縮している場合がとても多いです。

 

このように肩に違和感がある場合や肩が痛い時は、まず肩関節のずれ(亜脱臼)を疑います。

 

これはとても重要なことで、一般の病院ではなかなか言ってくれないことです。

 

長生伊藤治療院では、ずれているかどうかきちんと確認します。

 

そのうえで治療を行いますので、肩の痛みの改善の仕方が違うのです。

 

まさにこの点が最重要ポイントと言えます。

 

もし、あなたが肩の痛みでお悩みでしたら、一度お電話ください。ご相談に乗らせていただきます。

 

五十肩・肩の痛みのご相談・ご予約は

五十肩専門治療院

長生伊藤治療院

045−434−4976

 

 

 次項有 五十肩の治療

 次項有 肩関節のずれ(亜脱臼)の治療をご希望の方

 

肩関節の亜脱臼 

 

   

肩関節の亜脱臼とは?

 

肩関節の亜脱臼とは肩甲骨と上腕骨との関節がきちんとかみ合わずに、若干のずれが生じている状態です。

 

関節が完全に外れた状態は完全脱臼と言いますが、スポーツや事故などかなり大きな外力が加わったときに完全脱臼することがあります。

 

亜脱臼はそうではなく、ほんのわずかなずれですから、大きな力がかからなくてもなります。

 

肩関節はもともと不安定な関節ですから、無理に腕を大きく動かしたり、重いものを何気なく持ったりしたときに、自分でも気付かないうちにずれてしまうことがあります。

 

長生伊藤治療院に治療にいらっしゃる、肩が痛くて実際に亜脱臼が見受けられる患者様も、ご本人はいつずれたか分からない方が多いです。

 

いつの間にか、自然に痛くなってきたように感じています。

 

このように、自分でも気付かないうちに肩関節がずれて、なんか違和感がある。

 

それでもいつか治るだろうと放っておくとだんだん痛みが強くなる。

  

そうこうしているうちに痛いからあまり動かさないようにする。

  

すると、肩関節が硬くなってくる(関節拘縮)、ということになってしまいます。

 

肩の痛みの原因の多くは肩関節の亜脱臼が関係していることが多いですから、気をつけなくてはいけません。


五十肩・肩の痛みのご相談・ご予約は

五十肩専門治療院

長生伊藤治療院

045−434−4976


 

 次項有 五十肩の治療

 次項有 肩関節のずれ(亜脱臼)の治療をご希望の方

 

 

 肩関節の緩み

 

肩関節の緩みとは?

  

肩関節は不安定な関節なので、ずれやすいのです。

 

もし一度ずれてしまうと、肩関節周りの回旋筋腱板や靱帯などの軟部組織に損傷を与えることになります。

  

ずれるということは亜脱臼ということですが、もともと関節は骨と骨が筋肉(正確には腱)や靱帯によって接続されているのですから、関節がずれると、腱や靱帯も伸ばされたり傷つけられたりするわけです。

 

しかも、関節がずれた状態が長くなれば、それだけ腱や靱帯のダメージも大きくなり、修復にも時間がかかります。

 

関節がずれたままだと、腱や靱帯もなかなか修復されませんが、ずれが矯正されれば、徐々に修復されてきます。

 

ただし、しばらくは関節の周りの組織がゆるんだような状態になるので、またずれやすいという状態が続きます。

  

このような状態が、肩関節が緩んだ状態です。

 

ずれが収まれば徐々に周りも締まってきますが、それまではまたずれないように注意が必要ですし、初めのうちはまたずれるのが当たり前ともいえるので、ずれたらまたすぐ矯正することが必要です。

  

しかし、次第にずれにくくなってきますので、それまで頑張って治療を続けましょう。

 

五十肩・肩の痛みのご相談・ご予約は

五十肩専門治療院

長生伊藤治療院

045−434−4976

 

 

 次項有 五十肩の治療

 次項有 肩関節のずれ(亜脱臼)の治療をご希望の方