五十肩と肩関節のずれ(亜脱臼)

五十肩と肩関節のずれ(亜脱臼)

 

五十肩の原因は肩関節のずれ(亜脱臼)? 

 

五十肩と言われると、何やら原因不明の痛みと運動制限(可動域制限)があり、放っておけばそのうち治ると思っていらっしゃるかも知れません。

 

しかし、実際はそう簡単にいくものではありません。

 

まず五十肩とは一体何なのか?というところを理解する必要があります。

 

五十肩とは50歳代に多い症状で、肩の痛みと運動制限があります。

  

ただし50歳代以外の人もなります。結構多いです。

 

このときの運動制限は肩関節の拘縮によるもので、第三者が手を貸しても変わりません。

 

このような症状を総称して五十肩あるいは年齢によっては四十肩などと表現します。

 

肩が痛くても、関節拘縮による運動制限がない場合は五十肩とは言えません。

 

ところが、実際の治療においては、五十肩であるかないかはあまり問題ではなく、その症状がどういうものか、何が原因かということが問題になります。

 

まずは、肩関節のずれ(亜脱臼)があるのかないのかが大きなポイントになります。

 

肩関節は非常に可動域が広いので、その分関節がずれやすい(亜脱臼しやすい)ということが言えます。

 

肩関節がずれると、違和感や痛み、ひどい時は激痛を生じます。

 

いわゆる五十肩状態になってしまっている場合でも、肩関節がずれてさらに拘縮している場合がとても多いです。

 

このように肩に違和感がある場合や肩が痛い時は、まず肩関節のずれ(亜脱臼)を疑います。

 

これはとても重要なことで、一般の病院ではなかなか言ってくれないことです。

 

長生伊藤治療院では、ずれているかどうかきちんと確認します。

 

そのうえで治療を行いますので、肩の痛みの改善の仕方が違うのです。

 

まさにこの点が最重要ポイントと言えます。

  

次項有肩関節の亜脱臼