その肩の痛みは本当に原因不明?

その肩の痛みは本当に原因不明? 

  

実際に肩が痛いのに、異常なし?

 

肩の痛みを訴えて、整形外科などの病院に行くと、まずレントゲン検査をしてくれます。

 

レントゲン検査では骨の状態、たとえば骨折や完全脱臼、変形や骨粗鬆症などの診断ができます。これらについては非常に有効な検査法です。

 

しかし、肩の痛みの原因はそれだけではありません。

 

筋肉や靱帯や腱などいわゆる軟部組織といわれるものはレントゲンではよくわかりません。MRI検査を行うことが必要です。

 

さらに、関節のわずかなずれ(亜脱臼)などはほとんど診断できないようです。

 

しかし、実際には関節のわずかなずれ(亜脱臼)が原因で肩が痛い場合が多いのです。

 

病院でははっきりした原因が分からないといわゆる「五十肩ですね」と言われてしまいます。

 

五十肩は病名ではなく、症状を表わす言葉です。

 

はっきりした原因が分からない痛みがあり、関節の可動域(動く範囲)に制限がある症状が、50代の人に多いということでついた症状名です。 40代の場合は四十肩とも言います。

 

現実には40代〜50代以外の方でもなり、20代でも拘縮してしまうこともあります。

 

したがって病院では原因不明ですから、痛み止めの注射、薬、湿布、電気治療、アイロン体操など、通り一遍な処置を施します。

 

きちんと早めに改善したいのであれば、肩関節の状態をきちんと把握し、その状態に応じた治療を受けなければいけません。

 

もし関節がずれていた場合、少しなら違和感程度、もう少しずれると動かしたときに痛みを感じます。

 

さらに大きくずれるとかなり痛みが強くなるでしょう。

 

しかし、ずれていることが分からずに、無理をして動かし続ければどうなるでしょうか?

 

例えて言えば、蝶つがいを思い起こしてください。ドアなどについている部品です。

きちんとかみあっていればスムースに動きますね。

 

しかし、もしきちんとかみあっていないのに無理して動かせばどうなりますか?

歪んだり、変形したりしますよね。

 

関節も同じです。きちんとかみあっていればスムースに動きますが、ずれていれば歪んだり、変形したりしてしまうのです。

 

関節の場合、違和感や痛みとして自覚症状が現れます。

 

その自覚症状を放っておくと、周りの腱や靱帯が傷ついたり、炎症を起こしたりします。

 

それで痛みが増してきます。 

 

痛みが強くなれば動かせなくなってきますので、関節の可動域が制限されてきます。

 

関節は筋肉で動かしますが、筋肉は動かさないでおくと硬くなってしまいます。

 

筋肉が硬くなり、関節の可動域が制限された状態が関節拘縮です。

  

関節拘縮が始まると、改善に時間がかかります。

  

しっかり治療を行わないと固まったまま3年も5年もさらにもっと長く、下手をすれば一生硬いままということもあり得ます。(実際、高齢の方で何十年も肩が上がらない方を何人も見ています。こうなると改善の見込みは非常に少なくなってしまいます)

 

脅かすわけではありませんが、よく五十肩は放っておいても治ると聞きますが、厳密にいえば放っておいて(動かさないということ)拘縮が改善することはあり得ません。

 

痛みがなくなった状態を治ったというのであればそれはあるかもしれません。

 

しかし実際には拘縮が残り、可動域が制限されたままの方が多いのです。

 

炎症による痛みはなくなるかもしれないですが、ずれ(亜脱臼)の痛みはずれていれば痛いですし、拘縮は動かさなければ改善しません。

 

難しいのはいつ動かすかということです。

 

炎症が強い時や、関節がずれているときに無理して動かしては絶対にいけません。

 

炎症が取れ、ずれ(亜脱臼)がきちんと矯正されたことを確認してから動かさなくてはいけないのです。 

 

そこが分からない場合が多いのが現実です。だからなかなか肩の痛みや可動域制限が改善されないのです。

 

ですから、肩の違和感や痛みが出た時は、早めに治療を受けることが大切で、放っておかないようにしなければなりません。


五十肩・肩の痛みのご相談・ご予約は

五十肩専門治療院

長生伊藤治療院

045−434−4976

 

次項有五十肩と肩関節のずれ(亜脱臼)