結帯障害

結帯障害

  

五十肩では結帯障害といわれる症状があります。

 

五十肩における結帯障害とは、肩の痛みや肩関節の拘縮のため、背中に手を回せない状態をいいます。

  

いわゆる帯を結ぶことができない、あるいはエプロンを結べない状態です。

 

通常何気なくできる動作ですが、できなくなると非常に不便を感じます。

 次項有五十肩の症状