五十肩の症状

五十肩の症状

 

五十肩の臨床症状

 

@    肩関節の違和感

 

肩を動かす時に、痛くはないけれど、なんとなく違和感があるという状態です。

次項有 肩の違和感

 

A    肩関節の痛み(運動時痛のほか、自発痛、夜間痛もある)

 

肩を動かすと痛い(運動時痛)、あるいは動かさなくても痛い(自発痛)、寝ているときに痛い(夜間痛)など痛みがある状態です。

次項有 肩の痛み

 

B    可動域制限(肩が上がらなくなる)

 

肩の動く範囲が制限される状態です。

  

痛みによる場合と肩関節拘縮による場合があります。

 

主に屈曲(腕を前から上げる動作)、外転(腕を横から上げる動作)、伸展(腕を後に上げる動作)、外旋(肘を90度に曲げた状態で前腕を横に開く動作)の可動域の制限を確認する必要があります。

次項有 肩が上がらない

次項有五十肩の可動域制限

 

C    結帯障害

 

いわゆる帯を結ぶ動作、あるいはエプロンを後で結ぶような動作ができない状態です。

次項有結帯障害

 

D    結髪障害

 

髪を結ぶあるいはドライヤーをかけるなどの動作ができない状態です。

次項有 結髪障害

 

以上のような症状がある場合、五十肩と疑われます。

 

一般的には肩が痛くて関節可動域制限がある場合に、五十肩といわれることが多いです。

 

  次項有五十肩の治療

  

肩関節の違和感がある場合

五十肩の初期には肩に違和感を生じることがあります。

 

実際にはこの状態ではまだ五十肩とは言えませんが。

 

この場合の多くは肩関節のずれ(亜脱臼)が原因になります。

 

肩関節が若干ずれると「痛い」という程ではなくても、なんか「違和感があるな」という状態になります。

 

肩関節に違和感がある時には、肩関節のずれ(亜脱臼)が生じている可能性がありますので、ご注意ください。

 

次項有肩関節の痛みがある場合

肩関節の痛みがある場合=肩が痛い場合

肩関節は痛みが出やすい 

   

肩関節は肩甲骨と上腕骨との関節ですが、人体中最大の可動域をもつ球関節なので非常に不安定です。

  

このため外傷性脱臼(完全脱臼)や亜脱臼(ずれ)を起こしやすいのです。

 

そのため、回旋筋腱板と呼ばれる4つの筋(肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋)の腱部(筋肉と骨を結ぶ部分)や靱帯などの軟部組織がその不安定性を補強しているのです。

  

このように肩関節は構造上障害を受けやすいのです。つまり、脱臼や亜脱臼、腱板損傷や靱帯損傷のリスクが高いということです。

  

亜脱臼や腱板損傷、靱帯損傷などが起きると痛みを生じます。

  

また、炎症、肉離れ、筋肉痛、筋肉の張り、首が原因の神経痛症状によっても痛みを生じます。

  

もちろん骨折、脱臼などによっても痛みが生じることは言うまでもありません。

 

次項有腕が上がらない場合

腕が上がらない=肩が上がらない場合

腕が上がらない=肩が上がらないのは、痛みのため?肩関節拘縮のため?

  

腕が上がらないのは、痛みによるものと、肩関節の拘縮によるものがあります。

 

肩関節のずれ(肩関節の亜脱臼)など関節部の転移があると痛みが生じます。

 

この痛みのために肩を動かせなくなり、結果的に可動域が狭くなります。

 

ただこの場合は第三者が手を貸せば動く場合が多いです。

 

この場合はまだ五十肩とは言い切れません。

 

肩関節の拘縮による可動域制限は肩関節の周囲の筋肉や肩甲骨の周囲の筋肉が硬くなるために起こります。

 

この場合は第三者が手を貸しても上がりません。

 

このような場合をいわゆる五十肩状態といいます。

 

次項有結帯障害がある場合

結帯障害がある場合

結帯障害

  

五十肩では結帯障害といわれる症状があります。

 

五十肩における結帯障害とは、肩の痛みや肩関節の拘縮のため、背中に手を回せない状態をいいます。

  

いわゆる帯を結ぶことができない、あるいはエプロンを結べない状態です。

 

通常何気なくできる動作ですが、できなくなると非常に不便を感じます。

 

次項有結髪障害がある場合

結髪障害がある場合

結髪障害

 

五十肩では、結髪障害といわれる症状があります。 

  

五十肩における結髪障害とは、髪を結ぶ動作あるいは髪をとかす動作や、ドライヤーをかける動作ができなくなる状態のことを言います。

 

特に女性の方は不自由を感じると思います。

 

次項有肩関節の違和感がある場合